INUJIMAJIKAN 犬島 of Blue Works PHOTO&DESIGN Office



sINUJIMA_SKY.jpg

犬島とは

岡山市の南東、宝伝地区の沖合い約2.8kmにある、周囲約3.6kmの小さな島で、岡山市、唯一の離島です。犬島は犬島本島と犬ノ島、地竹ノ子島、沖竹ノ子島、沖鼓島、白石島の6つの島々からなっており、有人島は犬島本島のみとなっています。古くから良質の花崗岩の産地として、全国に知られている島で、岡山城、大阪城、江戸城などでも犬島産の石が使われていました。明治から大正にかけては銅精錬所が操業し、およそ4000人が生活する活気にあふれた島でした。ところが銅精錬所の閉鎖を境に徐々に人口が減り始め、現在は、レンガ造りの廃墟(銅精錬所跡)と多くの空き家を残して、平均年齢75歳、約50名が暮らすばかりの島となっています。犬島は映画のロケ地としても使われており、2000年以降は様々なアートイベントが行われてきました。2004年からは毎年夏に「犬島時間」が開催され、2008年4月には、銅製錬所跡に犬島アートプロジェクト「精錬所」がオープン。アートの島としても活気づいています。


精錬所跡

島の東南部に静かにたたずむ銅精錬所跡。岡山の坂本金弥氏が明治42年3月に開設創業し、最盛期にはおよそ4,000人も人が生活していました。港にはたくさんの船が行き交い、商店、料理屋、旅館なども立ち並び、夜遅くまで三味線や太鼓の音が鳴り響く、活気のある島でした。精錬所には自家発電所も設けられ、会社関係住宅には電灯もついていたそうです。しかし、大正時代のインフレで銅の価格が大暴落。大正8年3月に閉鎖されました。その後は、ツタや草木に浸食されながらも、当時のままの姿を残している精錬所の魅力に惹かれ、多くの人が訪れていました。そして、2008年4月、精錬所跡は犬島アートプロジェクト「精錬所」として生まれ変わりました。





s040227_0001_SEIREN.jpg


s070728_7272_INUNO.jpg
s090503_5889_INUISHI.jpg

犬の島

犬島本島の西、犬ノ島の山頂にある高さ約3.6m、回り約7.2mの犬の形に似た大きな石は、菅原道真とゆかりのある犬石明神として、古来より島民によって崇敬し、祀られています。道真が左遷され、筑紫国(九州の大宰府)へ下向の際に嵐となり、犬の鳴き声を頼りに船を進めたところ、この島に辿り着き、一命をとりとめました。そこには、犬ではなく、犬の形をした大きな石があったのでした。かつて道真が熊野神社に参拝した際に、渡し守りに預けていた愛犬がいました。その愛犬は、砂1合食べると金1両生むという犬でしたが、死んでしまったので紀ノ川へ流したところ、さらに流れて瀬戸内海の島に辿り着き、そこで大きな犬の形をした石となり、道真を助けたと言われています。この話が伝説となり、犬島の名の由来となりました。犬ノ島は岡山化学工業の所有で普段は参拝できませんが、5月3日のみ「犬石祭り」の日として、自由に参拝することができます。









伊勢神楽

江戸時代には各地を巡り伊勢神宮のお札を配って家やかまどをお祓いしていた伊勢神楽。昔から採石業が盛んだった犬島では、伊勢神楽に清めてもらうと事故が起きないと信じられており、今も神楽一行が各家庭を回っています。最後は島の広場で獅子舞と放下芸が披露されます。









s071013-9963_ISE.jpg


s100503-3178KAIDUKA.jpg
s080701-4036KAIDUKA.jpg

犬島貝塚

2008年4月、犬島本島の西に浮かぶ「地竹ノ子島」で瀬戸内最古級の貝塚が確認されました。備讃瀬戸で半世紀ぶりに発見された縄文早期の貝塚です。海水と淡水が混じっており、貝層が汽水域産のヤマトシジミなどから成っていることが特徴。地球温暖化により、それまで陸地だった瀬戸内地域に海水が進入し、瀬戸内海ができたということを示す遺跡と見られています。犬島貝塚の貝層は台風や波浪浸食により崩落が進んでいるため、犬島貝塚調査保護プロジェクトチームによる調査、保護活動が進められています。2008年〜2010年には、島民と犬島貝塚保護プロジェクトチームの協力のもと、犬島時間の企画として、犬島諸島を小型船で巡る「無人島上陸ツアー」を開催し、犬島貝塚を見学するなど、多くの人が訪れました。2012年2月には、貝塚の一部が雨風によって崩落しているのが発見されています。










山神社

古来より島の採石場の守り神として、採石業者の信仰を集めていた神社。その裏手には大燈籠の跡があり、灯台の役目をしていたと言われている。



YAMA120208-7478.jpg
YAMA120208-7484.jpg



050503_0765_TENMAN.jpg

天満宮

犬島本島学校跡地の北側の丘陵にある神社(もと村社)。室町時代に創建された、島氏神様です。以前は犬ノ島にありましたが、明治時代になり、現在地に新築遷座しています。菅原道真を祭神とする神社で、相殿に八幡大神、春日大神を祀っており、犬ノ島の昔の姿が描かれた絵馬が奉納されています。







犬島は猫島?

犬島というからには犬がたくさんいるのでは・・・と思う人も多いと思いますが、この島で一番多いのは犬でも人でもなく「猫」です。島内のあらゆる場所に潜んでいて、いくつかの猫スポットも存在します。出会った猫を数えながら犬島を散策するのも楽しいかもしれません。

※2009年に猫駆除が行われた為、現在は猫の数が大幅に減っています。
※猫に餌はあげないでください。






090208_0283_CAT.jpg