INUJIMAJIKANカフェ&ショップ of Blue Works PHOTO&DESIGN Office

cafetop110923-4900.jpg

白い家(カフェ&ショップ


島民から「白い家」の愛称で親しまれている古民家をリノベーションし、カフェ&ショップとして不定期でオープンしています。カフェスペースでは、地元の野菜や果物などを使用したドリンクを中心にテイクアウトにて提供をしています。犬島産のトマトを使ったカレーや、犬島産の天草を使った島のおばちゃん手作りのところてん、宝伝産のかぼちゃを使ったスープ、岡山県産の桃や葡萄を使ったフルーツティーなどが大好評でした。メニューは日替わりで、出来るだけ旬のものを使用するようにしています。

cafe_100731-5801_島民.jpg

オープン時は、休憩所としても開放しており、自由に出入りすることができます。犬島の情報交換、情報発信の場として、また、島民や来島者の交流の場として活用しており、テイクアウトしたドリンクを飲みながら、ゆっくりとした島時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?


また、2013年より「犬島珈琲」が登場!高松市松福町にある自家焙煎珈琲のお店「喫茶チャオ」の山本さんに犬島珈琲を作っていただきました。珈琲の淹れ方もご指導いただき、犬島時間の会期中にカフェで販売しています。スペシャルティコーヒーという上質な豆を使った珈琲で香り高くしっかりとした味の珈琲となっています。

写真.JPG




cafe_100719-1678.jpg

ショップスペースでは、犬島時間の参加アーティストによる作品の展示、販売を行っています。犬島の黒い砂(スラグ/精錬カス)を使用した「犬島ガラス」のアクセサリーやグラスなどを中心に、犬島時間のオリジナルグッズであるポストカードや手ぬぐいの販売もしており、1点もの、このショップでしか購入できないものが多数あります。どれも犬島の素材を使ったもの、犬島をイメージしたものばかりです。犬島のお土産にいかがでしょうか?島のおばちゃんには犬島時間の代表で写真家の青地大輔が撮影した写真を使ったポストカードが大人気です。2012年には犬島の写真集も発売されました。また、2014年には新しく犬島時間のトートバッグも数量限定で販売されます。


※犬島ガラスについて